ヨタム王の子のアハズ。

アハズ王の子のヒゼキヤ。

ヒゼキヤ王の子のマナセ。

父王があまりにも偉大すぎたのか、

息子マナセは父に背を向けて歩きました。

なんと神殿の庭に偶像の祭壇を築き、

神殿にその像を安置してしまいました。

占い、魔法、まじない、口寄せなども行なわれ、

神様はその罪を見逃すことが出来ませんでした。

神様は何度も警告を発しましたが・・・

最後の手段です。

神様はアッシリヤ軍を送り込みました。

それで、マナセ王は青銅のかせにつながれて、

バビロンに連れてゆかれました。

彼は直ちに己の過ちに気づきました。

溢れる後悔、そして、悔い改めの涙。

彼が心を注ぎだして祈ると、

神様は彼を赦し、

再びエルサレムの土を踏むことが出来るようにしてやりました。

   もう二度と、あのような愚かなことはしないぞ!

マナセ王は自分が築いた偶像も祭壇もこわし、

代わりに、イスラエルの神様の祭壇を築きなおして、

和解の生贄と感謝の生贄を捧げました。

終わりよければ全て良しなんて言いますが、

本人は感謝でしょうが、周りで降りまわされる弱者からすれば、

初めも中ほども全て良し!であってほしいと思っちゃうよ。ピヨッ!

マナセ王は55年間も王座にありました。

何しろ父の作った砂山をぶち壊し、自分流に砂山を作り、

それも踏みつけて、父に倣って正しい砂山を作り出したのですから。

   『わたしは、この神殿と、

   イスラエル全国の町から特に選んだエルサレムで、

   ほめたたえられる。

   もしおまえたちが、わたしがモーセによって与えた、

   すべてのおきてと定めとに従うなら、

   先祖にあたえたこの地から、

   二度と追い出すようなことはしない』

 

アハズ王の子のヒゼキヤ。

ヒゼキヤ王の子のマナセ。

マナセ王の子のアモン。

アモンは、父の悪い習慣を引き継ぎました。

彼に付いての記事は少ないです。

あまりに悪くて、在位2年で、

家来たちに暗殺されてしまいました。

ダビデ家の血筋危うし!と、

立ち上がった人たちによってその家来たちも一掃され、

アモンの子ヨシヤがたてられました。

 

アハズ王の子のヒゼキヤ。

ヒゼキヤ王の子のマナセ。

マナセ王の子のアモン。

アモン王の子のヨシヤ。

ヨシヤはヒゼキヤ王の孫です。

f:id:pypyhiyoko:20141026204234j:plain